フォロワー購入する「見せかけインフルエンサー」もいる!見分ける方法を教えます

2019年07月24日
パソコンを使用している女性

若者世代の女性のユーザーが多いインスタグラム、数多くのインフルエンサーが活躍していることでも知名度の高いソーシャルメディア(SNS)になります。インフルエンサーとは大きな影響力を持つ人のことで、フォロワーを中心に購買活動のきっかけになることも多くインターネットマーケティングにおいて無視できない存在になりつつあります。

インフルエンサーにはフォローしている人が多くいることから、身につけているファッションや好きな食べ物から日々のライフスタイルのありように至るまで、多面的に大きな影響力を発揮します。なかにはアカウントを取得しているのが一般人であっても、フォロワー数が数万人を超えるほどのフォローを受けるほどのインフルエンサーも存在しており、特定分野においては有名人や芸能人と同じような存在と認知されています。

インフルエンサーのなかには、企業から広告の依頼を受け報酬を得ている場合も。インスタグラムに置いて人気の指標になるのが、フォロワー数の多寡になります。なかには業者からフォロワーを購入し人気を集めているように見せかける行為が一部で盛んに行われています。いわばファンが多いように見せかけるために、業者から購入するわけですが、購入できる事実自体を知らない方も多く、せっかくインフルエンサーに依頼しても想定したようなコンバージョンを得ることが出来ない場合もあるのです。

業者から購入しているかを見分ける方法のなかで一番簡単なのは、外人アカウントの多さです。1,000人当たりいくら、といった要領でフォロワーを販売する業者のなかには外国で運営されている企業も活発です。そういった業者からは外人アカウントが大半を占めるのは、必然的な流れということが出来ます。またフォロワー数の割りにいいねなどのエンゲージメントが少ないというのも、見せ掛けの外人アカウントの特徴。外人アカウントの比率を確認し、いいねが少なすぎる点も見分ける方法として有力です。

また見せかけのフォロワーの特徴をもとに、さてはフォロワー買いました?やTofu Analyticsなどのツールを活用するのもおすすめ。さてはフォロワー買いました?を活用すると調査したいインフルエンサーのフォロワー数の推移を確認することができます。またTofu AnalyticsはSNS上の二次拡散や三次拡散を解析対象にすることで、マイクロエンサーと呼ばれるコンバージョンを期待できるアカウントを特定することも可能なツールです。