情報発信力はどう鍛える?「個」の力を伸ばすための方法

2019年12月17日

ウェブマーケティングでは、ウェブサイトであったり、ブログであったりSNSなどの各種のメディアを駆使して情報発信することがベースになります。単に自分の意見や所感を表明するだけでは、趣味の領域に止まってしまいます。あなたの各メディアを通じた発言が、売上や購買行動などの何らかのコンバージョンにつなげるためには、行動を喚起させるにたりる情報発信力を持つことが必要です。

しかし漫然とコンテンツを更新したり、SNSにおいてつぶやくだけでは、関心を引くことすら困難です。つまりウェブマーケティングで情報発信力をつけるには、影響力を挙げることを意識して個人を行動につなげる点に、目標は集約されることになります。それではいかにして情報発信力を獲得して影響力を身につけるべきなのでしょうか。

まず自サイトやブログにおける専門分野を決めることが大切です。世間的に知名度の高い有名人であれば、ノンジャンルの発言でも大きい影響力を発揮することが出来るでしょう。しかし一般人の発言が注目を集めるのは、自分の専門分野においてだけです。専門分野を決めて、何の約に立つのか、ターゲットはどこに想定するのか、アウトプットの内容の大枠をメモに書き出すなど、明確化します。

自分の専門分野やターゲット層などが明確になったら、ウェブサイトやブログを立ち上げSNSのアカウントを取得します。メディアを立ち上げたら、自分なりにアウトプットのルールを決めます。例えばウェブサイトやブログでコンテンツを更新したら、SNSでブログ拡散のための発言をこまめにする、といった形でメリハリをつけた運用を展開します。

ところでこれからが肝心で、影響力を獲得するには積極的にアウトプットすることが必須です。しかし、ありあわせのネタだけではすぐにコンテンツの追加は困難になるので、専門分野のリサーチや情報収集を常に心掛けて、ブログやウェブサイトの回数を多いことを意識してアウトプットを途切れることがないように習慣づけることが求められます。最低限自分の専門分野のリサーチは怠るべきではありません。

メディアを立ち上げて、専門分野のリサーチなども循環しだしたら、アウトプットのルールを決めることがポイント。コンテンツの文字に応じて、多いネタはブログに挙げる、100文字以内のネタはtwitterにあげるものの回数は多くするというように、メディアを使い分ける習慣をつけることです。このようなルールで展開すれば個人でも情報発信力もおのずと増すことになるでしょう。